03/06/2021

ギフトモール、住信SBIネット銀行と提携した「法人向けギフトサービス」6月3日提供開始

国内最大級のオンラインギフトサービス「Giftmall(ギフトモール)」および専属バイヤーによるおしゃれなギフトを厳選した「Anny(アニー)」を運営する株式会社ギフトモール(本社:東京都中央区、代表取締役:藤田 真裕)は、住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山 法昭、以下「住信SBIネット銀行」)と提携し、本日6月3日(木)より法人向けギフトサービスの提供を開始いたします。 ■ギフトを通じた新たなビジネスソリューション「法人向けギフトサービス」 コロナ禍における外出自粛や移動制限により、コミュニケーションの取り方は大きく変化しました。離れていても気持ちを伝えられるコミュニケーション手段としてギフトの重要性が一層高まる中、当社では、世の中のあらゆるプロダクトやサービスのギフト化を通じて新たなビジネスモデルを生む「ギフタイゼーション」の取り組みを強化しています。 今回は、「ギフタイゼーション」におけるBtoBソリューションの第一弾として、ネット銀行業界トップクラスの信頼度と口座数を誇る住信SBIネット銀行と提携。住信SBIネット銀行の法人口座アカウントを経由することで、国内最大級のオンラインギフトサービス「Giftmall(ギフトモール)」にて各種ギフト商品を割引購入いただけます。企業のお取引先や従業員、そのご家族・ご友人の皆さまに向けて、ギフトを介した豊かなコミュニケーションの活発化を促すとともに、サプライヤーの皆さまの更なる売り上げ促進を支援いたします。 【法人向けギフトサービス活用例】 ◇取引先や従業員とのリモート会食の際、参加者全員に「リモート会食セット」を事前送付。当日は、同じ内容の食事をすることで一体感が高まり、盛り上がりを演出できます。 ■株式会社ギフトモールについて 株式会社ギフトモールは「泣いちゃうぐらいの笑顔を~More Smile~」をミッションに、本当に喜ばれるプレゼントをもっと簡単に贈りあうことができる世の中を実現するため、約27万点以上の商品をURLで贈れるオンラインギフトサービス「Giftmall(ギフトモール)」および専属バイヤーによる厳選ギフトを集めた「Anny(アニー)」を運営。シンガポールにも拠点を持ち、日本・インド・インドネシア等グローバルなギフト・プレゼント市場へテクノロジープラットフォーム群を展開。現在、グループの月間訪問ユーザー数は3,600万人を超え、国内最大級の規模を誇る。※テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2019年 日本テクノロジー Fast 50」受賞(ギフトモール単体で2年連続)。 - Giftmall(ギフトモール)公式サイト:https://giftmall.co.jp/ - Anny(アニー)公式サイト:https://anny.gift/ ■住信SBIネット銀行株式会社について 住信SBIネット銀行は、法人領域においては「その営みを信用につなげる銀行。」という中小企業の経営者に対する想いを掲げ、借入条件を決算書不要で毎月お知らせするレコメンド型トランザクションレンディング「dayta」などを通じて、中小企業の経営を支援。お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで金融サービスを変革し、社会をより快適で便利なものに変えていくことを目指す。 - 住信SBIネット銀行公式サイト:https://www.netbk.co.jp/ ◇従業員のご家族・ご友人へ帰省の代わりのギフトとして、日頃の感謝の気持ちをお伝えいただけます。 ■「法人向けギフトサービス」 住信SBIネット銀行のログイン後画面より、ギフトモール内「法人向けギフトサービス」へアクセスし、ギフト商品を特別割引価格でご購入いただけます。詳しくは、下記をご確認ください。 -「法人向けギフトサービス」詳細ページ:https://www.netbk.co.jp/contents/hojin/gift/ ※住信SBIネット銀行に法人口座を持つ法人ユーザーが対象です ※割引は、株式会社ギフトモールによるものです ※割引にあたり、クーポンコードのご入力等、所定の条件を満たす必要があります ※一部、限定割引価格の対象外商品もございます

もどる