22/04/2021

「オンラインギフト総研」が、昨年3月コロナ感染拡大から一年間のギフト事情を全国2,400人に調査

オンラインギフトサービスを通じた幸福度の高い世の中の実現を目指す「株式会社ギフトモール オンラインギフト総研」(本社:東京都中央区、代表取締役藤田真裕)は、コロナ禍で顕著に縮小・拡大した市場がある中、ギフト業界がどのように変化したのかを探るため、全国20代~50代の男女、合計2,400人を対象に調査を行いました。コロナ禍でギフトの利用頻度が【増えた人】と【減った人】それぞれの特徴を、贈る「相手」「購入場所」「内容」「理由」「頻度」「金額」「(贈り手の)幸福度」の7つの視点で分析することで、ギフト業界を牽引している生活者の特徴と生活におけるギフトの位置づけが判明しました。以下、調査結果をレポートにてご報告いたします。 調査結果については以下のページをご覧ください。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000048025.html

もどる